デジタルサイネージによるメニューボードで100万円の費用対効果!切替えによる売上促進・コスト削減のシミュレーション

マーケティング

  • HOME
  • ブログ
  • マーケティング
  • デジタルサイネージによるメニューボードで100万円の費用対効果!切替えによる売上促進・コスト削減のシミュレーション

デジタルメニューボード導入による、ファーストフード店の顧客体験向上とコスト削減

ファーストフードやリテール(小売)等の最前線にいる企業は、顧客と効果的にコミュニケーションするための最良のツールを常に模索してきました。 

その中で、デジタルディスプレイの有用性は認識されているものの、紙ベースの展示物と比較してコストが高いのでは?という懸念から導入に踏み切れない企業も多いようです。

しかし、その懸念は本当に正しいのでしょうか?

ここではアナログメニューボード(紙に印刷されたメニューボード)とデジタルメニューボード(デジタルサイネージを使ったメニューボード)を比較することで、デジタルメニューボードをがコスト面でもメリットがあることを提示します。

デジタルディスプレイの導入は初期費用こそ必要ですが、個々の店舗において設置から2年以内にデジタルディスプレイの方がROI(投資収益率)が高くなり、その差額は5年以内に1店舗あたり10,000ドル(約100万円)にもなります。 

デジタルメニューボードの強みとは?

直接的な経済的メリット以外にも、デジタルメニューボード(デジタルサイネージを使ったメニューボード)は最新のテクノロジーで店舗・顧客の両方に大きなメリットを提供しています。 

例えば、デジタルメニューボードの導入は下記のようなメリットがあります。 

• 高級な雰囲気によるブランドの強化 

• ビジュアル的な魅力の向上による、モダンな店舗環境 

• より良い可視性と動画等の動的コンテンツによる心地よいカスタマーサービス

ブランドの強化
モダンな店舗環境
心地よいカスタマーサービス

もちろん、これらの定性的なメリットだけではありません。デジタルメニューボードは、直接的な経済的メリットも提供します。 

アナログメニューボードの場合

架空のファーストフードレストラン「Burger」

デジタルメニューボードの経済的メリットを説明するために、架空のファーストフードレストラン「Burger」を見てみましょう。 

このシナリオでは、「Burger」は全国に250店舗を展開する有名なファーストフードブランドです。現在は、1店舗当たり合計6つのボックスタイプのアナログメニューボード(紙のメニューを取り付けるボックス)を使用しています。各店舗は、朝食用に3枚、昼食用に3枚の印刷されたメニューボードが必要です。印刷されたボードは通常メニューと期間限定メニューを更新するために、2か月に1回(年間で合計6回)交換されます。 

視覚的な品質を維持するために、ライトボックスメニューボードは蛍光灯と電気部品を、18か月ごとに交換する必要があります。この専門的なメンテナンスには、毎回専門の作業員の訪問が必要です。 

ライトボックスメニューボード(紙のメニュー用)
専門の設置作業員
メニューの印刷
メンテナンス

メンテナンス費用の合計は、1店舗あたり毎年600ドル(約66,000円)になります。 

このシナリオの詳細なコストシミュレーションを以下に示します。このシナリオでは、輸送と設置のための追加の時間と投資は考慮されていません。 

Samsungスマートサイネージを利用したデジタルメニューボードの場合

「Burger」が代わりにSamsungスマートサイネージによるデジタルメニューボード導入を決定したシナリオを考えてみましょう。商用設定用に構築されたSamsungスマートサイネージは、紙のメニューボードをはるかにしのぐ色鮮やかで明るい、視認性の高いコンテンツ提供が可能です。クラウドベースのコンテンツ管理CMS(MagicINFO)と組み合わせることで、本社からの管理が可能となり、全国の店舗でコンテンツとハードウェアを遠隔管理できるようになりました。 

デジタルメニューボードは、アナログメニューボードのメンテナンスコストと、メニュー更新のたびに必要な印刷・出荷・設置にかかるコストを削減することができます。 

また、本社から一括管理するシステムにより、会社はより少ない労力で全国の店舗のメニューを一斉に変更することができます。 

そして、単にメニューを提供するだけでなく、効果的な広告、プロモーションビデオ、動的コンテンツを表示することで、顧客の購入行動を促進することができます。 

ディスプレイは24時間年中無休で動作するように構築されているため、顧客が店にいるときだけでなく、閉店時のブランディングやコミュニケーションも可能です。 

このシミュレーション比較では、紙のライトボックスメニューボードに設置されている3つの既存のディスプレイに加えて、さらに1つのプロモーション画面を追加(合計4画面)しています。 

SamsungスマートサイネージとCMS
リモートインストール
コンテンツ制作
コンテンツ配信

以下は、デジタルメニューボードシナリオの詳細なコストシミュレーションです。 

デジタルメニューボードシナリオの詳細なコストシミュレーション表

デジタル化を行う前に下記の点に考慮する必要があります。

1.ネットワーク接続

ディスプレイのリモート管理には、ネットワークの構築が必要です。

2.ビデオコンテンツ

メニューボードを印刷して交換する代わりに、新しいビデオコンテンツを制作する必要があります。

3.コンテンツ配信

本社管理のサーバーから全国の店舗にコンテンツを配信する場合は、自社でサーバー運用もしくは外部委託をする必要があります。

アナログ対デジタル 

アナログメニューボードとデジタルメニューボードの直接的なコスト比較では、デジタルサイネージ導入の初期コストが紙の場合に比べ高くなっています。これがデジタルディスプレイの導入に対する高コストを想定してしまう理由かもしれません。 

しかし、長期的な累積コストを考慮すると、デジタルメニューボードは、導入から2年以内にアナログより高い対費用効果を示し、その差は年々大きくなっていきます。 

5年後、デジタルメニューボードとアナログメニューボードの価格差は1店舗あたり10,000ドル(約110万円)です。 250店舗のシナリオ比較では、推定250万ドル(約2.7億円)の節約に相当します。これは、売上の潜在的な増加と顧客体験の向上(による売上増)を考慮していません。 

1年以上の営業を想定している場合、ROIがその効果を物語っています。 

デジタルメニューボードとアナログメニューボードの累積コストグラフ

メニュー以上のもの 

デジタルメニューボードは、デジタルサイネージとコンテンツ管理ソリューション(CMS)と組み合わせにより、メニューと価格を表示以上のビジネス的なメリットをもたらします。 

より魅力的なプロモーションコンテンツを提供することにより、売上の増加に繋がるという測定可能な経済的利益をもたらす事ができます。 

ファーストフード店等では、顧客がメニューを見ながらその場で購入を決定することがほとんどです。アナログメニューボード(紙のメニュー)は、コンテンツ、価格設定、メニューの選択肢はできるだけ広く、一般的でなくてはなりません。

一方デジタルサイネージは、よりダイナミックな演出が可能です。例えば、複数のスクリーンに大きな1枚のグラフィックスを表示するテイクオーバー画像などにより、アップセルを増やすことができます。また、期間限定のプロモーションも可能です。 

デジタルサイネージ・時間ごとのメニューオプション

「Burger」の例では、このように、5つのカスタムメニューを1日の中でさまざまな時間帯に表示することができます。 各メニューの表示は、時間帯別の売れ筋メニューの売上を分析し決定されます。 

メニューの売上傾向の変化に応じて、メニュー情報を迅速かつ簡単に調整することができるのです。

テジタルサイネージ・期間限定メニュー

期間限定または季節限定のメニューをアピールする場合、複数のディスプレイを同時に使って表示する特別なテイクオーバー効果でお客様の注意を集めることができます。 

これらのグラフィックスは売上に直結し、マーケティング活動の効率化を図ることができます。 

サムスンデジタルディスプレイは、ハードコストの節約に加えて、プレミアムな視覚体験と強化された機能を提供し、店舗の売り上げを促進し、プロモーションの効果を高め、店舗での体験を向上させます。 

ぜひお気軽にお問い合わせください。

原文:Samsung Electronics

関連記事一覧