店舗へのデジタルサイネージ導入による管理コスト削減のポイント&費用対効果

DX

  • HOME
  • ブログ
  • DX
  • 店舗へのデジタルサイネージ導入による管理コスト削減のポイント&費用対効果

デジタルサイネージ導入に興味があるけど管理コストは増やしたくない…実際どれくらい費用対効果があるの?

デジタルサイネージの導入に際し、気になるのは管理コスト削減と導入がもたらす費用対効果だと思います。

それぞれについて、最適に運用するポイントをまとめていきます。

デジタルサイネージの管理コストを削減するポイント

デジタルサイネージの管理コストがかかるポイントは、現地での管理が発生するため作業員を派遣しなければいけないことです。一般的に、デジタルサイネージの現地管理には下記の4つがあります。

  1. ディスプレイのON/OFFや操作
  2. STB管理・不具合時の対応
  3. コンテンツの管理
  4. HDMIケーブルの管理・ケーブル抜けなどの対応

Samusungのディスプレイは、下記の特徴から現地作業員を派遣する必要がありません。

  • ディスプレイのON/OFFや操作が不要:Samsungディスプレイは遠隔で操作が可能です。
  • STBが不要:デジタルサイネージで起きるトラブルのほとんどがSTB起因です。SamusungのディスプレイはSTBが不要なため、ON/OFFの操作や設置作業が必要ありません。
  • CMSソリューションMagicInfo™ 内蔵で現地でのコンテンツ管理が不要:MagicInfo™を使用することで、遠隔からの配信も可能です。コンテンツ配信サーバーを用意する必要がありません。
  • HDMIケーブルが不要:HDMIケーブルが不要なため、煩雑なコードの整理が必要ありません。ケーブルが抜けるようトラブルも発生しません。

約2,000,000円のコスト削減!デジタルサイネージのもたらす費用対効果

架空のファーストフードレストラン「Burger」の場合

紙のメニューを使ったライトボックスメニューボードの運用

店舗数:250店舗

メニューボード数:6枚/1店舗

メニュープリント数:朝食用3枚・昼食用3枚

交換頻度:1回/2か月

ライトボックスメニューボードの蛍光灯・電気部品交換:1回/18か月※作業員の派遣が必要

総メンテナンス費用は、1店舗あたり毎年6万~7万円

(円)

初期費用1年目2年目3年目4年目5年目6年目7年目8年目9年目
紙用メニューボード55万000000000
メニューボード設置費用17
紙のメニュー印刷303030303030303030
メニューボードメンテナンス-蛍光灯他電気部品交換6万86万86万86万86万86万86万86万86万8
印刷物交換の人件費(店員)000000000
トータルコスト7236万836万836万836万836万836万836万836万836万8
累積コスト72108万8千145万6182万4219万2256万0292万8329万6366万4403万2
※実際の価格は異なる場合があります。

Samsungディスプレイを使用したデジタルサイネージの運用

店舗数:250店舗

メニューボード数:4台/1店舗

メニュープリント数:不要

コンテンツ交換頻度:現地交換不要

ライトボックスメニューボードの蛍光灯・電気部品交換:不要

+

ネットワーク配信

コンテンツ制作

サーバー運用・コンテンツ配信

(円)

アイテム初期費用1年目2年目3年目4年目5年目6年目7年目8年目9年目
SamusungディスプレイQHR 49-店舗ごとに4台、設置費用含む77万000000000
ネットワーク配線-構内LAN5万5000
コンテンツ制作-店舗当たり(250店舗)11万11万11万11万11万11万11万11万11万
サーバー運用、コンテンツ配信-回線使用量含む(250店舗)2万42002万42002万42002万42002万42002万42002万42002万42002万4200
トータルコスト82万5134200134200134200134200134200134200134200134200134200
累積コスト82万595万9200109万3400122万7600136万1800149万6000163万0200176万4400189万8600203万2800
※実際の価格は異なる場合があります。

このように、アナログ(紙のメニューを使ったライトボックスメニューボードの運用)とデジタル(Samsungディスプレイを使用したデジタルサイネージの運用)の運用コストを比較した場合、デジタルの方が5年目で1,064,000円、9年目で1,999,200円のコスト削減を図れることがわかります。

Sumusungのデジタルサイネージなら簡単導入&管理コスト削減!

ポイント①選べる多様なディスプレイ

ディスプレイ標準・アウトドア・インタラクティブ の3種類のモデルからから用途に合わせて選べます。

ポイント②簡単コンテンツ管理

CMSソリューションMagicInfo™ 内蔵でコンテンツ管理が簡単に。遠隔からの配信も可能です。コンテンツ配信サーバーを用意する必要がありません。

ポイント③STB・HDMIケーブルが不要

STB・HDMIケーブルが不要なため、煩雑な機器設置やコードの管理が必要ありません。すっきりした見た目で店内の雰囲気を壊すこともなく、スペースも最小限にできます。

ポイント④現地作業員不要

ディスプレイON/OFFの切り替えが遠隔で可能!現地に作業員を派遣する必要がありません。

あらゆる規模・ユースケースに最適なソリューションを提供します。

お気軽にお問い合わせください。

関連記事一覧