コロナ禍で進化する店舗DX、飲食店の新たな顧客サービスをデジタルサイネージで実現

マーケティング

コロナ禍における飲食・QSR(Quick Service Restaurant:ファストフード)業界のトレンド

コロナ禍は、世界中の飲食業界でも大きく影響しています。多くの飲食店は、お客様と従業員の健康と安全のために、閉店や営業時間の制限を余儀なくされました。
飲食店が営業を再開すると、オーナーや従業員は、これまでとはまったく異なるビジネス環境に直面することになります。あらゆる規模のお店が保健所のガイドラインや消費者の新しい認識・習慣に対応するために、優先事項を変更しなければなりません。
そのため、飲食店は、お客様に再訪を促すだけでなく、安全に再訪していただける事をアピールできるソリューションを求めています。このような環境の変化の中で再オープンし、成功を収めるためには、考え抜かれた戦略が必要であり、適切なテクノロジーが重要な役割を果たすことになります。

デジタルサイネージによる、飲食店の新たな顧客サービス

多くの飲食店では、感染防止対策の新たな安全衛生手順を作ったり、現場のオペレーションを変更したりしていますが、お客様との接触を制限するプロセスは特に重要です。

しかし、お客様との接触が制限されていても、心地よく過ごしていただくための方法を見つけ出す必要があります。

この点において、ファストフード店にはドライブスルー・ウィンドウという明確な解があります。ドライブスルーやカーブサイド(駐車場等店外)での受け取りなど、ソーシャルディスタンスを保てる注文方法をアピールすることで、一部のファーストフード店は営業を継続することができました。

お客様が再び来店されるようになると、店内ではいつでも更新できるデジタルメニューボードも役立つ機能となります。注文用のキオスク端末も、お客様がデジタルディスプレイで注文したり、店員と対面せずに支払いを済ませたりするのに有効なツールです。

このように、飲食業界では効果的なコミュニケーション・有意義なカスタマーサービス・顧客とのより強い関係性の構築のために、ビジネスモデルにテクノロジーを導入することが急務であることが明らかになっています。

メニューの選択と注文を店員と接触せずに行うことができる
待っているときや受け取り時も店員との対面なしでできる効果的な顧客サービス
メニューや店舗情報等のコンテンツの変更や管理がいつでも簡単にできる

ファストフード店におけるデジタルサイネージの効果

ファストフード店が安全でコロナ禍での店舗運営を行うにあたり、デジタルサイネージの活用が重要な役割を果たします。

動画などを利用した店内メニュー、タッチスクリーン・キオスク(注文端末)を利用した注文、ドライブスルーのデジタルメニューボード、窓に取り付けて屋外表示が可能なウィンドウディスプレイなど、安全で効率的な顧客体験を実現することができます。

ドライブスルーとカーサイドピックアップ

デジタルサイネージの場面別活用例

ドライブスルー

視認性の高いデジタルメニューディスプレイは、昼夜や直射日光下でもはっきり見えるため、ドライブスルーレーンの動きを妨げません。

頑丈で耐久性のある屋外用ディスプレイは、ディスプレイに影響を与える可能性がある埃や湿度などの屋外要素に加えて、物理的な衝撃(破壊行為等)にも耐えることができます。また、季節限定やご当地メニューなど時間帯や場所に応じて重要な項目を表示することもできます。

カープサイドピックアップ(駐車場など店外での受け取り)

カーブサイドとは道路の縁石という意味で、店舗の外のカーブサイドで商品をピックアップするということです。電話やオンラインでオーダーした商品をお店の人が外まで持ってきてくれるので、人との対面を最小限にでき、店内での感染を防ぐことができます。

また、店内の窓から外に向かって表示するディスプレイ(ウィンドウディスプレイ)を設置することで、店外のお客様とのコミュニケーションを図ることができます。アプリとウィンドウディスプレイを組み合わせることで、駐車場等以外での受け取りも可能になります。また、お客様が注文を待つ間にタイムリーなプロモーションや感染防止に関する情報を表示することができます。

コロナ禍の中、ドライブスルーはファストフード店にとって不可欠なライフラインであることが証明されました

最近の業界レポートによると、コロナ禍においてはドライブスルーサービスがファストフード店の売上の70%を占めているといわれており、ドライブスルーでの売上は安定して伸びています。

店舗の入り口

レストランによっては入店するお客様の人数を管理するシステムが必要となります。ディスプレイとカメラを組み合わせることでお客様の動線を安全に管理し、ソーシャルディスタンスを保ち、店舗内の定員を制限することができます。

また、これらのディスプレイは行列に並んでいるお客様に、プロモーション情報などをリアルタイムで表示することができます。

顧客サービスレベルを落とすことなく非接触を実現

キオスク端末(タッチディスプレイを使った注文端末)

タッチディスプレイとキオスク(注文端末)

飲食店ではお客様に快適に過ごしていただきながら、感染防止対策をサポートする必要があります。

キオスクやタッチディスプレイは、高いレベルのサービスを維持しながら従業員との接触を減らすことができます。

また、タッチディスプレイシステムは、スマホのアプリ注文と連動して、実店舗とオンライン体験をシームレスにつなぐことができます。

インドア(屋内)ディスプレイ

屋内ディスプレイは複数の役割を同時に果たすことができ、スタッフの負担を軽減します。例えば、サイネージディスプレイは、食事の準備ができたことをお客様にお知らせすることができます。

待ち行列の手順や安全な距離感を伝えると同時に、主要なメニュー、キャンペーン、プロモーション情報を適切に表示することができます。デジタルディスプレイは、紙の印刷物よりもお客様の目に留まりやすく、必要に応じて簡単に更新することができます。

リモートマネージメント(遠隔操作)

ネットワークに接続されたデジタルディスプレイは本社からリモートで管理され、場所を問わず明確で一貫したコミュニケーションを実現します。

地域のニーズや状況に合わせて 必要な情報を提供することが可能です。

管理ソフトウェアに接続することで、どこからでもディスプレイの監視、更新、制御を行うことができ、現地従業員の負担を軽減し、店舗間の情報の格差をなくします。

サムスンの幅広いディスプレイソリューションは、あらゆる規模の飲食店・QSR(Quick Service Restaurant:ファストフード)企業に、コロナ禍の新しい環境に移行するための効率的で拡張性のあるツールを提供し、お客様にとって、安全でかつ快適な環境づくりを支援します。

関連記事一覧