スマートディスプレイを使ったデジタルサイネージ活用でコロナで激変したリテール(小売り業界)環境を生き抜く!

マーケティング

  • HOME
  • ブログ
  • マーケティング
  • スマートディスプレイを使ったデジタルサイネージ活用でコロナで激変したリテール(小売り業界)環境を生き抜く!

コロナ禍におけるリテール業界のトレンド

小売業界ではコロナ禍で大きく変化した環境の中で、効果的にビジネスを行うための新しい方法を模索する一方で、安全なソーシャルディスタンスを保つための新しいガイドラインを導入しています。

新しい動きに柔軟に対応しながら、ショッピング体験を再構築しなければならない小売業者にとって、テクノロジーの役割は大変重要です。

デジタルディスプレイ技術は、店舗内外の行列や導線のモニタリング、案内図や経路探索など、重要な情報を明確かつ正確に伝えるための即効性のあるソリューションです。

新たなリテール環境におけるインストア(店舗内)コミュニケーション

店舗で安全な環境を作れるよう、保健所は小売店に対して、清掃手順や物理的な距離の取り方など、さまざまな工夫を促しています。

店舗は、専門家のガイドラインに従っていることを確認する必要がありますが、小売企業は適切な予防措置を取り、健康と安全を優先しながらお客様に安心して来店してもらう必要があります。

また、多くの小売企業は、サプライチェーンや物流の問題に対処しなければならず、その結果として顧客体験の低下を招いています。

ブランド価値を実現するためには、できるだけ一貫したショッピング体験を提供しながらも、安心感や落ち着きを強調する方法を見つけることが重要です。

そして、その変化を効果的に伝えることも重要です。実店舗においてお客様とのコミュニケーションに様々な課題がありますが、テクノロジーの進化によって多くの悩みを解決することができます。

店舗の入り口からレジに至るまで、顧客とのあらゆる接点において、小売業者はどのような変更が可能かを検討し、利用可能な最良のツールを見極める必要があります。

“ショッピングテクノロジーをリードする小売業者は業界をリードする。”

世界のビジネス・メディアは、ショッピング・テクノロジーの統合が小売企業の将来の成功の鍵を握ると報じています。調査会社のアナリストは、顧客中心のテクノロジーに重点を置いている小売業者が、新しい小売り環境の中でより早く復活し、成功を収める事ができると述べています。

重要な安全衛生情報をわかりやすく伝える
重要な安全情報をリアルタイムに変更・管理
プロモーションと安全情報を柔軟に切り替え

リテール改革におけるデジタルディスプレイの役割

すぐに始められるソリューションとして、デジタルディスプレイがあります。効果的で、拡張性が高く、費用対効果の高いソリューションで、あらゆる規模の小売業者にその価値を提供できます。

顧客のコミュニケーション

ソーシャルディスタンス(安全な距離)

店舗は、手の消毒殺菌剤がどこにあるか、レジに並ぶところはどこという案内情報と共に、どれくらい間をあけるか安全な距離を保つための重要な情報を提示する必要があります。 デジタルディスプレイは紙の印刷物に比べて、お客様の目につきやすく目立つだけでなく、必要に応じて簡単に更新することができます。また、ディスプレイの横をお客様が通り過ぎるたびに健康に関する重要なお知らせを表示することもできます。

感染防止への注意事項

消費者は自分が守られているという安心感が必要です。ディスプレイによって、店舗は効果的かつ一貫して、顧客自身での感染防止対策やソーシャルディスタンスの確保、店舗が用意した手の消毒剤の使用を促す事ができます。これらお客様へ安心感を伝える情報を提示するとともに、同じディスプレイでプロモーション情報や商品の詳細情報を適切に伝え続けることができます。

店舗運営

商品の在庫状況や店舗の営業時間など、業務上の変更が必要な場合は、ほぼリアルタイムで迅速に伝えることができます。 デジタルディスプレイは高解像度の動画を使って、より効果的なコンテンツを提供します。例えば店舗内での安全な行動や、店舗が用意した消毒剤の場所、使用方法を提示することが可能です。静止画やテキストでは伝えきれない手順も動画で表示すれば効果的に伝えられます。

ソーシャルディスタンスを保つためのトラフィック管理ソリューション

足元の管理

店舗の入り口

店内のお客様の人数を管理するシステムが有効な場合があります。ディスプレイとカメラもしくはドアのオペレーティングシステムと組み合わせることでお客様の流れを安全に管理し、安全なソーシャルディスタンスを確保し、店内の定員を制限することができます。

これらのディスプレイは列に並んでいるお客様に待ち時間や適切な待ち方、その他プロモーション情報などをリアルタイムで伝えることができます。ディスプレイに表示されるコンテンツはCMS(コンテンツ管理システムソフトウェア)により管理可能です。カメラシステムとCMSを組み合わせることで、個々のお客様へ最適なコンテンツに自動的に切り替えることができます。

お客様の確認

一部の店舗では赤外線温度計やサーマルスキャナーを用いて、体温チェック等お客様の体調確認を実施しています。ディスプレイと連動させることで、より迅速かつ効果的にお客様をモニタリングすることができます。

お客様の体調確認のための体温計測システム

店舗レイアウトの再構築

ディスプレイと店舗内モニタリングソリューションにより、トラフィック(場所ごとの集客の変化)を分析し、店舗のレイアウトを再構築することができます。逆に店舗内で集中しすぎず、ソーシャルディスタンスを保ちやすいようにレイアウトすることもできます。

カスタマーサービス

タッチディスプレイ

店舗は買い物客が必要なものを見つけられるようにすると同時に、買い物客が快適に過ごせる空間を提供する方法を見つける必要があります。タッチディスプレイはカスタマーサービスを犠牲にすることなく、お客様との対面を減らすことで安心感を与えることができます。

アウトドアディスプレイ

アウトドアディスプレイやウィンドウディスプレイ(ガラス越しに店舗外に表示するアウトドアディスプレイ)は実店舗内に入れないもしくは入ることを躊躇しているお客様とのコミュニケーションが可能です。

エコシステム

完全なリテール向けソリューションは、店舗から離れた遠隔地から操作可能で、全国すべての店舗間で明確で一貫したコミュニケーションが可能です。ディスプレイは連動してダイナミックに(動画など、動的に)変化し、必要なタイミングで最も有用な情報を提供し、地域のニーズや状況に適応することができます。

キオスク型タッチディスプレイシステムはアプリを使った非接触決済と連動し、店舗でのお客様との有意義でパーソナライズされたコミュニケーションが可能です。

サムスンの幅広いディスプレイソリューションは、あらゆる規模のリテール企業に、コロナ禍の新しい環境に移行するための効率的で拡張性のあるツールを提供し、お客様にとって、安全でかつ快適な環境づくりを支援します。

関連記事一覧